本文へ移動

中部さい帯血バンクについて

中部さい帯血バンクの概要

名称
一般社団法人 中部さい帯血バンク
設立
1996年3月
代表者
理事長 森島 泰雄
所在地
〒489-8555 愛知県瀬戸市南山口町539-3 愛知県赤十字血液センター4階
連絡先
TEL:0561-85-5222/FAX:0561-85-5181

沿革

1989年10月
東海骨髄バンク設立<1993年までに55例の非血縁者間移植を実施>
1996年1月
第1回臍帯血幹細胞移植研究会開催
1996年3月
東海骨髄バンク内に臍帯血バンク部門を設立
名古屋第一赤十字病院(~2021年5月まで)、星ヶ丘マタニティ病院にて臍帯血採取開始
1997年6月
患者登録開始
1997年9月
東海臍帯血バンクの臍帯血を用いて初の移植を実施
1999年2月
愛知県白壁庁舎に臍帯血保存施設を統合
1999年8月
日本さい帯血バンクネットワーク設立、東海臍帯血バンク参画
1999年10月
東海村の放射能漏れ事故に際し被曝者の緊急移植に臍帯血を提供
2000年5月
東海臍帯血バンクが東海骨髄バンクから分離
2001年11月
国立名古屋病院にて臍帯血採取開始(~2015年2月まで)
2001年12月
鈴木病院にて臍帯血採取開始
2007年3月
臍帯血保存施設を瀬戸市の愛知県赤十字血液センターへ移転
2010年4月
おおわきレディスクリニック(~2017年2月まで)、かじうらレディースクリニック(~2012年10月まで)にて臍帯血採取開始
事務局を瀬戸市の愛知県赤十字血液センターへ移転
2011年5月
森永産婦人科にて臍帯血採取開始
2012年8月
東海臍帯血バンクから一般社団法人 中部さい帯血バンクへ名称及び組織変更
2013年3月
産院いしがせの森、マミーローズクリニック(~2022年5月まで)にて臍帯血採取開始
2014年3月
日本さい帯血バンクネットワーク解散
2014年4月
法制化に伴い、厚生労働大臣から臍帯血供給事業者として認可を取得
2015年10月
小石マタニティクリニック、野崎クリニック(~2019年3月まで)にて臍帯血採取開始
2017年2月
いずみレディスクリニックを臍帯血採取施設として認定
2017年5月
名古屋市立西部医療センターを臍帯血採取施設として認定
2019年1月
白子ウィメンズホスピタルを臍帯血採取施設として認定
2019年8月
おおのレディースクリニック、公立陶生病院を臍帯血採取施設として認定
2019年12月
恵愛みらいクリニックを臍帯血採取施設として認定
2021年9月
恵愛会松南病院を臍帯血採取施設として認定

一般社団法人 中部さい帯血バンク 組織図

組織図

実施体制

〒489-8555
愛知県瀬戸市南山口町539-3
愛知県赤十字血液センター4階
 0561-85-5222(代表)
 0561-85-5181
TOPへ戻る