活動報告

2019年度 さい帯血の到着・保存状況

 月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計

バンク
到着数

146 118 160 424
保存数 44 36 49 129

 

2019年度 移植施設へのさい帯血提供・移植状況

 月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月 1月 2月 3月 合計
提供数 25 38 28 91
移植数 23 33 32 88

 

これまでの公開・提供・移植実績(年度集計)

 

 

〜2009

2010

2011

2012

2013

2014

2015

2016

2017

2018

2019

合計
公開数 3950 137 126 200 192 344 324 492 487 536 152 6940
提供数 467 43 51 62 80 116 123 168 199 262 91 1662
移植数 459 46 50 58 76 112 122 165 195 254 88 1625

 

全国のさい帯血バンクの統計資料はこちら

研究活動

  • 臍帯血保存細胞数増加に向けた取り組み(2019年)
  • 移植用臍帯血調製開始基準の引き上げ効果と保存数維持のための方策(2018年)
  • 臍帯血移植における生着に関与する因子の解析(2017年)

    −とくにコロニー形成細胞数の影響について−

  • さい帯血移植における生着に関与する因子の解析(2016年)

    −とくに移植細胞移植数とCD34陽性細胞数について−

  • 10年以上凍結保存された臍帯血の品質についての検討(2016年)

さい帯血の研究利用実績

中部さい帯血バンクでは、移植用に保存されなさい帯血の一部を医療の向上を目的とした研究に提供しています。
また、データに関してもさい帯血の保存の有無に関わらず研究に提供しています。

 

現在、中部さい帯血バンクでは以下のような研究に協力しています。

 

研究課題名 造血・免疫系ヒト化マウスを用いたiPS細胞由来NKT細胞の生体内でのアジュバント活性、細胞動態、安全性の解析
研究期間 承認日から2023年3月31日まで
研究機関名 国立研究開発法人理化学研究所 統合生命医科学研究センター 免疫器官形成研究グループ
研究責任者 グループディレクター 古関 明彦

 

研究課題名 骨髄バンクおよび臍帯血バンクの最適なドナープールサイズの最適化に関する検討
研究期間 承認日から2020年3月31日まで
研究機関名 慶応義塾大学医学部 血液内科
研究責任者 准教授 森 毅彦

 

研究課題名 臍帯血由来幹細胞および免疫担当細胞を用いた免疫学的研究
研究期間 承認日から2022年11月30日まで
研究機関名 名古屋大学医学部付属病院 血液内科
研究責任者 助教 寺倉 精太郎

 

研究課題名 臍帯血採取の効率化による供給体制の強化
研究期間 承認日から2019年3月31日まで
研究機関名 日本赤十字社血液事業本部技術部
研究責任者 次長 高梨 美乃子

 

さい帯血の研究利用に同意して頂いたお母様へ
ご提供頂いたさい帯血やそのデータが上記の研究に利用されることを望まない場合は、利用を停止することが出来ますので、中部さい帯血バンクまでご連絡ください。
ただし、同意の取消を希望された時点で、既に行われた解析結果や研究発表の内容などについては対応することが出来ません。ご了承ください。

 

一般社団法人 中部さい帯血バンク
TEL:0561-85-5222(代表)
FAX:0561-85-5181
MAIL:chubu-daihyo@chubu-cbb.org

 

 

 

 

トップへ戻る