さい帯血ってなに?

「さい帯血」はお母さんと赤ちゃんをつないでいる、へその緒や胎盤の中に含まれている血液です。

 

さい帯血には「幹細胞」という、体のさまざまな種類の細胞のもとになる細胞が豊富に含まれています。
たとえば、赤血球・白血球・血小板などの「血液のもと」となる造血幹細胞は白血病や再生不良性貧血などの重篤な血液疾患の治療に役立ちます。

 

こちらもご覧ください。

 

 

さい帯血は、へその緒と胎盤に含まれる赤ちゃんの血液です
出産時にしか採れないとても貴重な血液です
さい帯血の採取にあたっては、母子ともに危険や痛みはありません
白血病などの治療に使うことができます

 


さい帯血の採取について

赤ちゃんが無事に産まれて、さい帯を切断した後、さい帯と胎盤に残っている血液を採取します。
お母さんにも赤ちゃんにも痛みはありませんし、分娩の経過にも影響はありません。
お産の途中で赤ちゃんやお母さんに何らかの問題が生じた場合は、母子の安全確保を優先します。

トップへ戻る